<< 心華独笑の陶印 初夏の窯出しは >>

せんていをわする

f0126896_2255225.jpg

雨が続きます
今日は一日 外出せずに篆刻の印稿を創っていました

石の印材に刻る篆刻には 字の部分を刻って文字を白く見せる白文と
字の周りを刻って 文字を赤く見せる朱文があります

今回は朱文で書いてみました
撰文は 忘筌蹄 せんていをわする と読みます

筌とは魚を捕るやな
蹄と兎を捕るワナのこと

捕って目的を達してしまうと 道具のことは忘れてしまう
学び悟ってしまえば 勉強した書物のことは忘れてしまうという意味

f0126896_226957.jpg

印材は6cm×6cm
黒い台紙に鉛筆で枠を書き
朱墨で描きました

なかなかうまく描けません
来週 篆刻教室で先生に手直しをお願いします
先生が手を入れると 文字がグッと作品らしくなります
技術の差は如何ともし難い


f0126896_2262477.jpg

[PR]
by hayatedani | 2014-06-07 22:37 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hayatedani.exblog.jp/tb/22241661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2014-06-08 10:59 x
含蓄のある言葉ですね。我が身を振り返ってしまいました!(女性のことではないですよ(笑))
Commented by tutti- at 2014-06-08 16:43 x
篆刻もずいぶん続いていますよね。腕もだいぶ上がってきたんではないでしょうか???
意味の深い言葉と出会うのも篆刻の楽しみの一つですね。
Commented by hayatedani at 2014-06-08 20:25
※さん
少し我が身(女性の)ことも振り返って見た方がよいのでは…
いや 失礼しました ※さん
これからのこともありますので
Commented by hayatedani at 2014-06-08 20:31
tutti-さん
そうですね もうどのくらいなんでしょう
上手くなっているという実感はないんですが
一緒にならっている方達のレベルが高すぎなんですね

でも続けることが大切! なんでしょう
<< 心華独笑の陶印 初夏の窯出しは >>