<< 永遠の0 冷たい空気の中で >>

社中展開催!

篆刻を始めて もう何年経つんだろうって考えても
「多分」 だとか 「だいたい」 だとか
明確な答えがすぐには出せません

あまり上手にならないし(もとより あまり熱心じゃあなかった)
篆刻の楽しさってものが なかなか理解できなかったからか

多分 5年は経つんじゃないか きっと
そんな感じで続けてきたんだと思います
でも 途中で止めるのは本意でない!


来年の1月4日(土)から篆刻を習っている吉永隆山先生の社中展が開催される
その展覧会に末席ながらも作品を出品できたのも 「続けて」きたからか

f0126896_2142011.jpg

横浜の上大岡で開催される社中展
1月4日(土)~8日(水)まで開催
f0126896_2143596.jpg

私は初日の4日(土)の午後に会場におります
ご興味のあるかたはぜひ!

そして 篆刻作品のほかに こんなものも展示します
f0126896_2144515.jpg

篆刻とは 石に印を刻って印影を作品にしますが
これは磁器土に印を刻って焼き上げた「陶印」です
陶印は印影だけでなく、印材の意匠も作品になりえるArtといえるでしょう
f0126896_2145761.jpg

前回の社中展でも展示しましたが
今回は新作を4点追加で展示いたします
その中には 大好きな北大路魯山人の陶印の模刻 2点を含みます
f0126896_215933.jpg

最近 少し篆刻が楽しくなってきたように思います
篆書のお習字も 先生に時々褒められることも

目的を持って続けているわけではないのですが
出来なかったことが出来るようになる
そんなことが少しうれしい 
f0126896_2152192.jpg

[PR]
by hayatedani | 2013-12-29 21:47 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://hayatedani.exblog.jp/tb/21184102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2013-12-29 22:45 x
本名が書かれていると、何だか「立派な方」に思えますね~。いつかは「私が指導しております」という側になるかもですね!
2日から1週間、フランス一人旅に行ってきます(一人で行って二人で帰ってこられれば最高なのですが…)。展覧会、遠くからですが応援してますね☆
Commented by のり at 2013-12-29 23:21 x
作品が並んでる姿は・・・作家さんのようです。(笑)
子連れではちょっと遠くて残念です。※さん、フランス良いですね。私もいつかまた行きたい国です。成田空港に素敵な方が迎えに来てるといいですね。
Commented by hayatedani at 2013-12-30 22:39
※さん 「私が指導しております」とはならないと思います。
おフランス(古!)の女性を連れ帰るのか
それとも金持ち熟女に持ち替えられるのか
やはり一人で行って 一人で帰るのがべストかと
Commented by hayatedani at 2013-12-30 22:45
のりさん
上大岡は遠いですね
当日 陶印作品を二箱
大きな袋に入れて持っていきます
中の設えがバラバラになりそうで怖い
Commented by mother-of-pearl at 2014-01-04 20:21
初めてコメントさせて頂きます。
ずっと隠れファンとして、格調高い美意識の世界を
拝見しておりました。

憧れの篆刻更にこちらで初めて知った陶印を
是非拝見したい、とお伺い致しました。

新たな年の始めに爽やかな“疾風”を送って頂きました。

見事な作品群が今も目に焼き付いております。

これからも楽しみにお伺い致します。
Commented by hayatedani at 2014-01-04 23:57
mother-of-pearlさん
今、横浜から帰って これを書いています。
今日はとても幸せな日でした。
素敵な出会いに感激しております。
社中展にお出でいただき、本当にありがとうございました。

mother-of-pearlさんのBlogにも、これからはお伺いさせていただきます。
ところでBlogのBMWのバイクの写真
あれ 憧れですか?
また いろいろとお話し お聞かせください。
Commented at 2014-01-05 01:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-01-05 21:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 永遠の0 冷たい空気の中で >>