<< 呉須で南天を描きます 150年目の復活 >>

人長寿の刻

f0126896_22415669.jpg

篆刻もやってます! 
っていうところを少し見せないと

前から取り組んでいました 「人 長 寿」 
やっと刻りあがりました

印材の大きさは5センチ×5センチ
すこし大きめの印材です

実は最近老眼が進んで 小さな印材を刻るのがしんどくなりまして
そのようなときは 本来ルーペを使って刻りあげるのですが
そのルーペを購入するのが滞っています

何か自分が年寄り臭くなっていくのが ちょっと複雑な心境で

f0126896_2242381.jpg


印稿はこのような感じだったのですが
このとおりに印材に布字して、そのとおりに刻りあがれば良いのでしょうが
刻って行くうちに 刻りの失敗をごまかすために、他の部分を修正しだすと
元の印稿とはかけ離れたものになってきます

f0126896_22421926.jpg


先生の補刀をうけても なかなかしっくりしませんね
終筆のキレが悪いので 全体的にしまりのない印象の作品になってしまいました

こんなことでは まだまだ修行がたりません

小さな篆刻も刻れず
大きな作品も今一つ

私はいったいどうしたらよいのでしょう…

(お前が頑張れよって)  解ってますって  ハイ
[PR]
by hayatedani | 2012-03-10 23:07 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hayatedani.exblog.jp/tb/17294533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2012-03-11 18:57 x
篆刻久しぶりに拝見しました。そもそも素材は何でしたっけ?
人 長 寿 は3文字ですが、4文字のように見えますね。字数は決まっているのですか??素朴な疑問がいっぱいです★
Commented by hayatedani at 2012-03-11 22:46
※さん 印材は石ですよ いし!
石といっても硬度の低い蝋石のようなものといったらよいのでしょうか
字もいい加減に描いているようですが、決まりごとに基づいて
描いていきます
楽しいか?
それは聞かないでください
<< 呉須で南天を描きます 150年目の復活 >>