<< art&touring 選手交代 >>

吉祥寺…篆刻教室  

f0126896_161972.jpg


ずいぶん時間がかかりましたが、「石為身」の篆刻作品がやっと出来上がりました
石を身と為す(心堅固で他の為に動かされぬ)

集中力が続かず、他のことの為に常に自分が動かされてしまう
そんな私が、よく篆刻を続けられていると 自分でも感心してしまう

私 途中で止めるのがいやなんですね 
だから いまでも続けていられる
そんな気がします

3月の篆刻教室
あの震災で休校となりました
その振替日が昨日でした

雨の吉祥寺へ
f0126896_16172652.jpg

吉祥寺で思い浮かべる情景は、いろいろあるのですが
たぶん 「これ」って思う人も多いかも

でも 私は篆刻教室です
f0126896_16174214.jpg

篆刻にはいろいろな言い回しがありますが
印稿をもとに、印面に字を書き入れる(もちろん印鑑ですので逆字で)ことを
「布字」と言います。
f0126896_16175789.jpg

鉄筆を運ぶことを「運刀」と言います
運刀法は、大別すると手前に引いて刻る「引き刀」と、向うに突いて刻る「突き刀」
があります。

簡単に言うと、篆刻は布字したとおりに印材を刻れば出来上がりなのですが…

これが簡単に刻れないから大変なのですね

f0126896_16192548.jpg

結局、先生から補刀をうけて やっと完成しました
先生に補刀して頂くと、ぐっと作品らしくなるから不思議です

はやく先生のような作品が作れるようになりたいのですが

もっと練習しろ~って
先生の声が聞こえてくるようでぇ
[PR]
by hayatedani | 2011-05-29 17:05 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hayatedani.exblog.jp/tb/16046235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2011-05-29 21:03 x
あれ、吉祥寺ってこんな風景なんでしたっけ?田舎ののんびりしたような第一印象を受けました!
ハンコも素人目からみたら立派に見えてしまいます。どの部分を補刀してもらったのですか??
Commented by hayatedani at 2011-05-29 22:55
※さん  正面に写っている「いせやの焼き鳥」
この、いつもモウモウと煙を出して焼き鳥を焼いているお店
これも吉祥寺の風景のひとつです(これは井の頭公園入り口のお店です)
先生の指導は印稿から布字、刻り全般にダメだしと修正が入っています
ここですって 指摘できないところが悲しい
Commented by tutti- at 2011-05-30 12:14 x
そんなことないですよ。
すごく立派な作品だと思います。
ただ、先生のちょこっとしたことがすごく作品にきいてくるのってわかります。
Commented by hayatedani at 2011-05-30 20:57
すごく立派な作品 なぁんてことはないですよtutti-さん
ほとんど先生の手が入っているといっても良いくらいです
でも先生がちょちょいと手を入れると、やっぱり違うんですよねぇ
<< art&touring 選手交代 >>