<< 向付の仕上げをしながら 冬の徒然 >>

KING SEIKO CHRONOMETER 

f0126896_22131097.jpg


KING SEIKO CHRONOMETER 1973年1月製造 


気がつけば 少し古い国産腕時計も三つめ

もう止めなくては

何処かの芸能人の云い訳のようですが
もう半分諦めの心境
というよりも、こんな世界があるんだという
興味のほうが増していく
f0126896_17101943.jpg


キングセイコー・クロノメーター
諏訪精工舎でつくられた、56系と呼ばれる精巧なムーブメントを搭載

文字盤には「CHRONOMETER」という表記に「OFFICIALLY CERTIFIED」と併記されています。
国際機関として認定された「日本クロノメーター検定協会」が認定した、『公式機関検定品』という意味です

f0126896_17103272.jpg

キングセイコーは8振動/秒。
高振動化された分、精度もアップし
平均日差は当時 -3~+12秒

世界を席巻していたスイス製ムーブメントを射程にとらえた
国産時計の最高峰だったようです

f0126896_17104262.jpg


文字盤には6時の方向にHi-BEATの表示もあり
時計を耳に近づけてみると
コチコチという音が、他にの時計よりも明らかに速い
40年間も休まずこの鼓動を続けてきた腕時計
なんだかとてもいじらしい気持ちがします

繊細な文字盤もこの当時ならではの雰囲気
針も計測器のような細いもので
60年台のイギリスやイタリアの車についていた、機械式メータを彷彿させます

ホンダが60年代初頭に初めて創ったスポーツカー S600に搭載されていたエンジンAS285
直列4気筒DOHC606cc、57PS/8500r.p.m.を「時計のように精密なエンジン」と形容しますが
まさに世界に追い付き、追い越そうとする60年代70年代の日本の工業製品
それに通じる当時の国産機械式時計の勢いを感じる、素晴らしい逸品です


f0126896_17105293.jpg

[PR]
by hayatedani | 2011-02-20 17:44 | 時計 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://hayatedani.exblog.jp/tb/15540123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2011-02-20 21:45 x
セイコーいいですよね、デザインが今一でも、実用性に叶ったものを自分も持っています。時間も正確で、自動巻きで止まっても動き出せば正しい時間に自動修正して…よく出来ています。
Commented by hayatedani at 2011-02-21 00:10
※さん
今の国産時計のデザインは、人間工学的な見やすさや扱いやすさをコンピュータで入力して出来上がった、ある意味「安っぽさ」があります
この時代のセイコーのデザイン
繊細さを併せ持った 秀逸なデザインだと思います

ちょっと銀行員が持つような 真面目なイメージがありますよね
セイコーって
Commented by tutti- at 2011-02-21 12:07 x
はまってきましたね。
はまってしまう気持ちもすこーし分かるような気がします。
職人さんたちの技と誇りを感じます!
Commented by hayatedani at 2011-02-21 22:19
tutti-さん そうですか 気持ち解ってもらえますか
でも 問題は腕時計は1日1個しか身につけられないこと
使わない時計は、止まってしまうのです
かまってあげなくては止まる機械式時計
良いのか悪いのか
Commented by tutti- at 2011-03-01 12:12 x
昔の話なのか今も通用するのかわからないですが、時計は使っていないと中がさびてしまうって聞いたことがあります。
1日1回、愛情かけて時計を巻いてくださいね。
<< 向付の仕上げをしながら 冬の徒然 >>