<< A型男の憂鬱 Seikomatic Week... >>

春の気配が

f0126896_2062273.jpg

朝から篆刻の課題を印材に布字しておりました
選文は「石為身」
石を身と為す(心堅固で他の為に動かされぬ)

いちいち周りのことで気をもんでしまう我が身には
なかなか耳の痛い言葉です
f0126896_2063169.jpg


印材に布字を描き終えたころ
外を見ると 良いお天気
少しバイクで頭をリフレッシュしてきました
f0126896_2064061.jpg

日本海側は大雪で 大変なことになっているようですが
それでも着実に春は近付いているようで
f0126896_2065134.jpg

早咲きの梅が咲き始めていたり
f0126896_207051.jpg

蝋梅の甘い香りが辺りを包み
f0126896_2071378.jpg


寒咲きアヤメも気高く咲き誇っていました
f0126896_2072340.jpg
f0126896_2073311.jpg


春は少しづつ それでも着実に近づいているのですね
f0126896_2074226.jpg

[PR]
by hayatedani | 2011-01-30 20:38 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hayatedani.exblog.jp/tb/15421064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by w- scarecrow at 2011-01-30 21:49 x
印材に布地を描く、土を練ったり、ロクロを回したり、
雑念が消えていって、どんな世界へと行くんだろ?
そんな時間が必要ですよね。自己と向き合うのではなく、もっと遠い所にあるもの・・。
からし色、器で言えば井戸が好きなので蠟梅の花を見ると安らぎます。
今日はバイクでは寒すぎたのではないですか?
Commented by hayatedani at 2011-01-30 23:49
w- scarecrow さん
じつは篆刻は陶芸ほど楽しくありません
でも続いているのは、見かけの楽しさでは無い
心の充実が最近解りかけてきたからなのです
素人なりに artはどんなものでも繋がっている
そんな実感があります

w- scarecrowさんは黄色の器が好きですね
黄瀬戸や井戸茶碗
でもこれらの黄色は難しい
Commented by tutti- at 2011-01-31 12:25 x
水仙や蝋梅を庭からとってきて、玄関に生けるといい香がします。
寒いけど、季節は確実に春なんだなーと思います。
「石為身」の3文字のバランスが絶妙です。1文字みたいに見えます。
私にも耳が痛い言葉です…
Commented by hayatedani at 2011-02-01 00:02
tutti-さん
蝋梅ってこんなにも良い匂いがするとは
思っていませんでした
それにしても 庭に切るほどの蝋梅が植わっている?
武相荘のようなお庭なんですね
Commented at 2011-02-05 23:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hayatedani at 2011-02-06 00:05
tutti-さん
広い庭がある家 良いですね
陶芸の窯を置けそうですね
どうですか プレハブでも建てて陶芸工房作りません?
<< A型男の憂鬱 Seikomatic Week... >>