<< アリエッティ お昼すぎから >>

天地壽てんちのじゅ

f0126896_21462375.jpg

毎月一回の篆刻教室
大丈夫 まだ続けています
腕は少しづつ上達している? と思いたいのですが

f0126896_21463513.jpg

今回は今まで作ったなかでも、一番大きな印材を使っています
5.5センチ角の青田石の印材
選文は「天地壽」てんちのじゅ
長久なる天地のごとき長寿という意味

印稿の作成は… ほとんど先生に描いてもらったようなもの(右側の黒い紙)
これを印材に逆字に写していくのですが(これを布字といいます)
これが大変な作業なんですね
普通の漢字でも大変なのですが、篆書体のこの字を逆に描くなんてっ!

本来は逆の字を頭で想像し、鏡に映しながら印材に書いていくのですが
今回は先生から奥の手をご教授いただきました

f0126896_21464733.jpg

印稿をコピーして罫線を均等に書き込みます
印材にも均等に卦線を書き込み、そのセル部分に印稿と同じ場所の文字を描くというもの

そこでふと考えました
そうだ パソコンで印稿を反転させれば、印材に書き込む印影も正確に写し取れる
これは良い!
あまり物事 複雑に考えたくない私としては、最良の方法です

ということで、印稿と反転させた印稿のコピーです
f0126896_21465899.jpg

これを見ながら印材に写し取っていきました
なかなか良い塩梅
でもこれって、字を書くというよりは描くという感じですね
時間もいつもより早く写し取れました
次回、先生に見せて手直しが入って
それからいよいよ字を刻っていきますが
それは来月のお楽しみぃ~
f0126896_21471047.jpg

こんな感じです
[PR]
by hayatedani | 2010-08-25 22:38 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hayatedani.exblog.jp/tb/14468465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tutti- at 2010-08-29 21:49 x
鏡を見ながら書いていたら、脳が活性化してそうです。
ぐーっと集中しますし、手先も使うので、脳にいい刺激がありそうです。
私には出来ませんけれども。。。
Commented by hayatedani at 2010-08-30 00:10
tutti-さん 
そうか 確かに脳は活性化しそうですね
それで高齢者が多い訳ですかねぇ?

やってて ちょっと頭が痛くなりました!
<< アリエッティ お昼すぎから >>