<< 運刀 美しきもの >>

 春  探

f0126896_21405077.jpg

ずいぶん前から印稿をつくってました、陶印
幾度かのやり直しをして、やっとOKとなり
陶印の印材に字入れをしました

もちろん印稿をもとにして、逆字で字入れをするわけで
出来上がりを鏡に映して確認しながら、作業を進めます

拙い技術しか持ち合わせていない 私など
この段階で 印稿の字からかけ離れていってしまうこともしばしば
その都度先生が手直ししていただくのですが…

小さいことを気にしない ♪ 性格な私です
自分では上手く書けていると思っても
先生の指摘は的確
次回の教室では 大幅な修正が入ることとなるでしょうね

それでも、やっと次回の教室から陶印製作が少し進みだします
今回の絵付けはどのようにしようかなぁ

楽しみは苦しみの後にやってくる
[PR]
by hayatedani | 2009-08-02 22:00 | 篆刻・陶印・書 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hayatedani.exblog.jp/tb/11654429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tutti- at 2009-08-03 12:26 x
逆に文字を入れるなんて!私にはできそうにもありません。
逆にそれが、陶印の楽しみの一つなのかもしれませんね。
Commented by hayatedani at 2009-08-03 23:09
篆刻って どこが楽しいのか
何が面白いのかって、なかなか理解されないもの
自分でも上手く自己表現できない
でもねtutti-さん
逆字の字入れは、あまり楽しくないですよ
これだけはいえます
<< 運刀 美しきもの >>